470億ドルの企業価値まで上りつめたWeWork、突然の転落の裏側に迫る驚愕のドキュメンタリー『WeWork / 470億ドル企業を崩落させた男』9月30日(木)U-NEXTにて独占配信開始。日本語音声版に出演、浪川大輔よりコメント到着
29 September 2021
News Release

470億ドルの企業価値まで上りつめたWeWork、突然の転落の裏側に迫る驚愕のドキュメンタリー『WeWork / 470億ドル企業を崩落させた男』9月30日(木)U-NEXTにて独占配信開始。日本語音声版に出演、浪川大輔よりコメント到着

U-NEXTは、『WeWork / 470億ドル企業を崩落させた男』を、9月30日(木)0時より独占配信いたします。

WeWork創業者アダム・ニューマン。彼は、時代を変えるビジネスリーダーか、それともカルトかー?

シェアオフィス事業を世界中で展開し、急成長を遂げた米国のスタートアップ企業「WeWork」。本作は、その創業から急成長、そしてIPO(株式新規公開)を目前にした転落までの顛末を詳らかにしたドキュメンタリー映画です。3月に開催された世界最大級のテクノロジー、映画、音楽の祭典「SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)」にてプレミア上映され、話題を集めました。

イスラエル出身のアダム・ニューマンは20代前半でニューヨークに移住し、WeWorkを設立。ビルを借り上げて小さく区分けし、実業家やフリーランスにオフィスをレンタルするビジネスモデルを展開しました。“I(私)”ではなく“We(私たち)”を大事にし、みんなで共有すればさらなる成功を収めることができるというアダムの理念に賛同した若者たちが彼のもとに集るようになります。サマーキャンプと呼ばれる参加必須の研修では、連日アダムが熱いスピーチを繰り広げ、毎晩のように派手なパーティが行われていました。アダムのカリスマ性に惹きつけられた若者たちによって独自のコミュニティが築き上げられ、WeWorkは急成長を遂げます。

そして、ソフトバンクグループの孫正義率いるビジョン・ファンドによる巨額出資を受け、企業価値は470億ドルにまで到達。しかしすべてが順調かのように見える一方で、水面下では徐々に破綻へと傾いていましたー。あくまでも会社経営は順調であると主張するアダムでしたが、従業員たちは異変に気づき始めていました。そしてついに、経営破綻へと追い打ちをかける事件が起きます…。

米国のビジネス界を震撼させたWeWorkについては、多くの書籍やポッドキャストで続々と取り上げられ、ジャレッド・レトとアン・ハサウェイ主演でTVシリーズ化が決まるなど、今も注目を集め続けています。本作では、当時の映像、元従業員や弁護士など関係者やジャーナリストの証言を通して、WeWorkの驚きの全貌に迫っていきます。アダム・ニューマン夫妻と親交のあったアシュトン・カッチャーやグウィネス・パルトローといったハリウッドスターの姿も出てきます。


U-NEXTでは、『WeWork / 470億ドル企業を崩落させた男』を9月30日(木)0時より日本初、独占配信いたします。
 

浪川大輔が、カリスマ的なWeWork創業者の日本語音声を担当。コメントが到着。

日本語音声版では、本作の主人公である、WeWork創業者アダム・ニューマンの声を浪川大輔(『ルパン三世シリーズ』石川五ェ門役、『HUNTER×HUNTER』ヒソカ=モロウ役)が担当します。本作の見どころを語ったコメントが到着しました。

●作品の見どころ

お金というものは時に強大な味方であり、時に台風のように振り回すものだという現実を見せてくれました。個人的な意見になりますが、全て、人のお金、理想だけでビジネスをするのは怖いなと改めて感じました。というわけで、とても面白い作品です!!

●アダム・ニューマンの吹替を担当してみて

アダムもひとりの人間です。ただ、どうやっても前へ進まなければいけない。そこにはカリスマ性が必要。その塩梅は難しかったです。アダムはポジティブシンキングと、ある意味「運」というものを持っている人なんだと思います。

<作品概要> 

『WeWork / 470億ドル企業を崩落させた男』
(原題:WeWork: Or the Making and Breaking of a $47 Billion Unicorn)

【配信開始日】2021年9月30日(木)0:00 予定
【配信形態】見放題
【視聴サイト】https://video.unext.jp/title/SID0061933
【監督】ジェド・ロススタイン
【STORY】
イスラエル出身のアダム・ニューマンは20代前半でニューヨークに移住し、WeWorkを設立。ビルを借り上げて小さく区分けし、実業家やフリーランスにオフィスをレンタルするビジネスモデルを展開していった。“I(私)”ではなく“WE(私たち)”を大事にし、みんなで共有すればさらなる成功を収めることができるというアダムの理念に賛同した若者たちが彼のもとに集うようになる。WeWorkは、ソフトバンクグループの孫正義率いるビジョン・ファンドによる巨額出資を受け、企業価値は470億ドルにまで到達。しかしすべてが順調かのように見える一方で、水面下では徐々に破綻へと傾いていたー。あくまでも会社経営は順調であると主張するアダムでしたが、従業員たちは異変に気づき始めていた。そしてついに、経営破綻へと追い打ちをかける事件が起きる…。


U-NEXTでは、毎週日本初の新作ドキュメンタリーを見放題で独占配信中!

U-NEXTでは、「カリスマ経営者」から「逃亡者」となったカルロス・ゴーン逮捕事件の真相に迫る衝撃のドキュメンタリー『カルロス・ゴーン 最後のフライト』、米国で交通事故死以上の500万人が命を落とす麻薬「オピオイド」の裏にある企業による巨大ビジネスに迫る『巨大製薬会社の陰謀 / THE CRIME OF THE CENTURY』を配信中のほか、ウディ・アレンとミア・ファローの息子で、metooムーブメントの第一人者としても知られるジャーナリストのロナン・ファローのピューリッツァー賞受賞ベストセラー書籍をもとにしたドキュメンタリーシリーズ『キャッチ&キル / #MeToo 告発の記録』や、バラク・オバマの生い立ちから米国初の黒人大統領誕生までの知られざる道のりを描く『オバマ -完璧な国づくりを目指した大統領-』、エミー賞ノミネート監督ナンフー・ワン(『一人っ子の国』)が新型コロナウイルスの発生から感染拡大を独自の視点で描いた『COVID-19 2つの大国の過ち / IN THE SAME BREATH』など、多岐にわたるテーマで現代社会を映し出す本格ドキュメンタリーを続々とお届けしてまいります。ご期待ください。

■U-NEXTで見放題、独占配信中のドキュメンタリー作品ラインナップ

・カルロス・ゴーン 最後のフライト<全1話>
【視聴リンク】https://video.unext.jp/title/SID0062004

・Qアノンの正体 / Q: INTO THE STORM<全6話>
【視聴リンク】https://video.unext.jp/title/SID0060426

・キャッチ&キル / #MeToo 告発の記録<全6話>
 【視聴リンク】https://video.unext.jp/title/SID0060932

・100フィートの波 / 100 FOOT WAVE<全6話>
 【視聴リンク】https://video.unext.jp/title/SID0060934

・巨大製薬会社の陰謀 / THE CRIME OF THE CENTURY <全2話>
【視聴リンク】https://video.unext.jp/title/SID0059542

・殺戮の星に生まれて / Exterminate All the BRUTES <全4話>
【視聴リンク】https://video.unext.jp/title/SID0059543

・8つの町の物語 / OUR TOWNS <全1話>
【視聴リンク】https://video.unext.jp/title/SID0059544

・ジェネレーション・ハッスル<全10話>
【視聴リンク】https://video.unext.jp/title/SID0060424

・ゴールデン・ステート・キラーを追え / I'll Be Gone in the Dark<全7話>
【視聴リンク】https://video.unext.jp/title/SID0060425

■以降順次配信予定

・10/11配信予定 オバマ -完璧な国づくりを目指した大統領-

・10/14配信予定 奮闘!砂漠の町のローカルTV局 / SMALL TOWN NEWS

・10/21配信予定 COVID-19 2つの大国の過ち / IN THE SAME BREATH

・Eyes on the Prize: Hallowed Ground(原題)

・Level Playing Field(原題)

・Nuclear Family(原題)

・15 Minutes of Shame(原題)

・What Happened, Brittany Murphy?(原題)

ほか