U-NEXTの配信本数が20万本を突破し、見放題作品数は18万本に。電子書籍も57万冊を超え、さらにご満足いただけるサービスへ
1 May 2020
News Release

U-NEXTの配信本数が20万本を突破し、見放題作品数は18万本に。電子書籍も57万冊を超え、さらにご満足いただけるサービスへ

U-NEXTの配信本数は、5月1日時点で20万本を突破、うち、見放題作品数が18万本に到達しました。また、電子書籍も57万冊に到達いたしました。

見放題作品数No.1※。レンタル作品数を減らし、さらにお客さま満足度を追求

U-NEXTはこのたび、5月1日時点での配信本数を発表いたしました。

●動画:20万本(うち、見放題18万本、レンタル2万本)

●電子書籍:57万冊(マンガ30万冊、書籍23万冊、ライトノベル4万冊。いずれも購入作品)

●雑誌:80誌(すべて読み放題)

動画の配信本数は、前年同期比131%の20万本を突破。見放題作品数は、同146%の18万本に到達しました。

一方、レンタル作品は同70%に。U-NEXTは、『アナと雪の女王2』『Fukushima 50』など、公開・放送されたばかりの「最新作」が観られることも大きな特徴のひとつですが、「定額制サービス」でもあるため、都度購入の「レンタル作品」の存在がお客さまの不満となっていることも事実でした。

そこで、極力レンタル作品数を減らし、定額料金の中でお楽しみいただける見放題作品数を増やすことで、お客さまの満足度向上を追求。配信タイミング、または契約の都合で、すべてを見放題にすることは難しいのですが、各ジャンルとも「見放題作品数↑、レンタル作品数↓」を視野に入れてまいりました(下表参照/いずれもU-NEXT調べ)。

なお、「韓流・アジアドラマ」は見放題作品数のみならず、レンタル作品数も157%に増加しました。もともと、「韓流・アジアドラマ」に占めるレンタル作品数は11%と少ないものの、ここまでレンタル作品数が増えた背景は、これまで配信できなかった最新作をどこよりも早く配信できるようになったためです。ドラマはもちろんバラエティ作品も含め、今まで以上にラインナップを強化しています。

東野圭吾、百田尚樹など、電子書籍もさらに充実

U-NEXTの電子書籍サービスは、2019年1月にリニューアルし、1つのサービス内で動画と電子書籍をシームレスに行き来できるようになりました。これにより、2019年の電子書籍売上は、リニューアル前の9.3倍に伸長。動画と電子書籍の両方をご利用くださるお客さまも増加傾向にあります。

2019年1月時点で32万冊だった配信数も、2020年5月時点で57万冊に到達。急遽電子化が決定した東野圭吾氏、百田尚樹氏の書籍もラインナップしています。

U-NEXTは今後も、お客さまにご満足いただけるラインナップを取り揃えてまいります。ぜひご期待ください。

※GEM Partners調べ、2019年11月時点。国内の主要な定額制動画配信サービスにおける「洋画」「邦画」「海外ドラマ」「韓流・アジアドラマ」「国内ドラマ」「アニメ」を調査。別途、有料作品あり。