U-NEXTオリジナル『セガvs.任天堂/Console Wars』日本語音声版に杉田智和と大塚芳忠が出演!配信日は12月4日に決定
20 November 2020
News Release

U-NEXTオリジナル『セガvs.任天堂/Console Wars』日本語音声版に杉田智和と大塚芳忠が出演!配信日は12月4日に決定

U-NEXTは、2020年12月4日(金)に“U-NEXTオリジナル”として日本初、かつ独占配信する『セガvs.任天堂/Console Wars』の日本語音声版に、杉田智和や大塚芳忠ら豪華声優陣の出演が決定したことをお知らせいたします。これにあわせ、日本版予告編を初公開いたしました。

『セガvs.任天堂/Console Wars』は、1990年代、アメリカのゲーム業界で繰り広げられたセガと任天堂の覇権争いを描いたドキュメンタリーです。ノンフィクション小説「セガvs.任天堂 ゲームの未来を変えた覇権戦争」(ブレイク・J・ハリス著)を原作としており、製作は『GODZILLA ゴジラ』や『名探偵ピカチュウ』など、数々の名作を世に送り出した世界有数の老舗スタジオ Legendary Entertainmentが手掛けています。

本作の日本語音声版には、アニメ『銀魂』や『ジョジョの奇妙な冒険』で主役を演じ、自身も大のゲーム好きである杉田智和や、アニメはもちろん洋画や海外ドラマなど数々のヒット作で吹替を務める大塚芳忠などの豪華声優陣の出演が決定。杉田は、当時セガ・オブ・アメリカの執行副社長であった豊田信夫氏の声を、大塚はニンテンドー・オブ・アメリカのゲームマスター、ハワード・フィリップス氏の声を演じています。

また日本語音声版への出演決定にあたって、キャストからコメントが寄せられました。U-NEXTのオリジナリティが光る日本語音声版にもぜひご注目ください。
 

<杉田智和 コメント>
次世代ハード戦争、という渦中に思春期の真っ只中にいた自負がある身としては出演関係なく見たいなと思いました。ゲームから得た教訓やいくつもの言葉によって構成されている人格が、上手く芝居に活かせれば嬉しいなと感じました。

本作では、『ソーセージ・パーティー』や『ザ・ボーイズ』などでタッグを組み、エッジの効いた映画作品を数多く輩出するセス・ローゲンとエヴァン・コールドバーグが製作総指揮を務め、家庭用ゲーム機市場において“絶対王者”として圧倒的なシェアを誇っていた任天堂を、当時中堅メーカーであったセガがいかに打ち破ったのかをセガの視点を中心に描いています。

アメリカではTV局CBSによる動画配信サービスCBS All Accessで2020年9月より配信開始されており、当時ゲームに熱狂していた層を中心に話題を集めている注目作が、2020年12月4日(金)に“U-NEXTオリジナル”として日本初上陸します。本日、日本版予告編を初公開しましたので、ぜひご覧ください。

【予告編】https://youtu.be/bmNoCiRtmBQ

<作品概要>

『セガvs.任天堂/Console Wars』(原題:Console Wars)

【配信開始日】2020年12月4日(金)12:00 予定

【製作国】アメリカ

【製作年】2020年

【配信形態】見放題<字幕版/日本語音声版>

【日本語音声版キャスト】
トム・カリンスキー:上別府 仁資
豊田 信夫:杉田 智和
アル・ニルセン:安齋 龍太
ハワード・リンカーン:大下 昌之
ピーター・メイン:西垣 俊作
ハワード・フィリップス:大塚 芳忠 ほか

<STORY>
1990年、セガは世界の一大ゲーム会社・任天堂に立ち向かうべきチームを立ち上げた。米国におけるセガと任天堂の家庭用ゲーム機を巡る覇権戦争は「アメリカ資本の企業vs日本で基盤を築いてきた企業」、「ソニックvsマリオ」の戦いでもあった。当時の懐かしい16bitゲーム時代の映像を振り返りながら、一大覇権戦争の前線で戦った企業戦士達が当時の状況を語る。

©2020 LEGENDARY TELEVISION AND CBS STUDIOS INC. ALL RIGHTS RESERVED.