レゴ・リー主演の台湾ドラマ『R.I.P. 霊異街11号』をU-NEXT独占で配信開始
2021/11/24
ニュースリリース

レゴ・リー主演の台湾ドラマ『R.I.P. 霊異街11号』をU-NEXT独占で配信開始

U-NEXTは、2021年11月24日(水)より台湾ドラマ『R.I.P. 霊異街11号』を独占配信いたします。

『R.I.P. 霊異街11号』は、死者と対話し、霊視と法医学の観点から様々な事件を解決していく推理サスペンスです。台湾で大ヒットした『オレ様ロマンス』のレゴ・リーが主演を務め、日本の映画にも出演歴のあるジエン・マンシューと共演。葬儀屋を舞台に生と死の本質を描き、台湾独自の葬儀文化を取り入れた点は国内外から高い評価を得ました。

ファンタジックでありながら本格的な法医学サスペンスとして楽しめる『R.I.P. 霊異街11号』は、11月24日(水)よりU-NEXT独占配信です。ぜひお楽しみください。

<作品概要>

『R.I.P. 霊異街11号』<全13話>
【配信開始日】2021年11月24日(水)
【価格】各220円(税込)/視聴期限:2日間
【視聴ページ】https://video.unext.jp/title/SID0063712?rid=PR00630
<STORY>
ギャングの権力闘争で撃たれた阿海は、応急処置ののちに死を宣告された。葬儀スタッフは阿海の遺体を遺体安置所に持っていくが、途中で一連の奇妙な現象が起こる。死の淵から奇跡的に目を覚ました阿海は、霊視すなわち死者と対話できる能力が身についていた。

© CHOCO MEDIA Co., LIMITED.