奥田亜希子の最新作『バイバイ、フィクション』をU-NEXTのオリジナル書籍として配信開始
2022/05/09
ニュースリリース

奥田亜希子の最新作『バイバイ、フィクション』をU-NEXTのオリジナル書籍として配信開始

U-NEXTは、現代を生きる人間の複雑な内面を繊細な筆致で描いてきた奥田亜希子の最新作『バイバイ、フィクション』を、U-NEXTのオリジナル書籍として2022年5月2日(月)より配信開始いたします。U-NEXTの月額会員の方であれば「読み放題」でご覧いただけます。

奥田亜希子『バイバイ、フィクション』

秘めた想いを持ってホストクラブに入った冴(さえ)は思いがけず、亡くなった“ある人”に似ているホストの幻夜(げんや)に出会う。そして冴は、かつての自分がその人の死に際して、「小説みたい」と興奮に似た軽薄な感情を抱いたことを思い起こし、いま自分が抱えている問題と向き合っていく…。恋愛小説の傑作『求めよ、さらば』の奥田亜希子が、近くはない存在の死をテーマに、すれちがう人間の姿と心理を偽りなくとらえた佳作。

<著者プロフィール>

奥田亜希子(おくだ・あきこ)

1983年愛知県生まれ。愛知大学文学部哲学科卒業。2013年『左目に映る星』で第37回すばる文学賞を受賞し、デビュー。ほかの著書に『ファミリー・レス』『五つ星をつけてよ』『青春のジョーカー』『愛の色いろ』『白野真澄はしょうがない』『クレイジー・フォー・ラビット』『求めよ、さらば』などがある。

◆作品一覧はこちらからご確認ください。

『バイバイ、フィクション』の冒頭部分の試し読みをこちらで公開していますので、ぜひご覧ください。

U-NEXTのオリジナル書籍一覧はこちらからご確認いただけます。また最新情報は書籍の公式Twitterアカウント(@UNEXT_publish)でご確認ください。

U-NEXTオリジナル書籍の一部は、Kindleストア、Apple Booksでも販売しています。藤井清美『#ある朝殺人犯になっていた』、チョン・ミジン『みんな知ってる、みんな知らない』、秋吉理香子『息子のボーイフレンド』、小野美由紀『路地裏のウォンビン』、柴田哲孝『ジミー・ハワードのジッポー』、藤野千夜『団地のふたり』は紙の書籍としても販売していますので、ぜひ全国の書店でもお買い求めください。