カンヌ国際映画祭正式出品!オリヴィエ・アサイヤス監督のカルト映画を、アリシア・ヴィキャンデル主演、A24×HBO制作でドラマ化。『イルマ・ヴェップ』が11月3日(木・祝)よりU-NEXTで全話見放題で独占配信。東京国際映画祭でのジャパンプレミアも決定
2022/09/21
ニュースリリース

カンヌ国際映画祭正式出品!オリヴィエ・アサイヤス監督のカルト映画を、アリシア・ヴィキャンデル主演、A24×HBO制作でドラマ化。『イルマ・ヴェップ』が11月3日(木・祝)よりU-NEXTで全話見放題で独占配信。東京国際映画祭でのジャパンプレミアも決定

U-NEXTは、HBOオリジナルシリーズ『イルマ・ヴェップ』を、2022年11月3日(木・祝)0時より、全8話一挙見放題で独占配信いたします。

『イルマ・ヴェップ』は、フランスを代表する映画監督オリヴィエ・アサイヤスによる96年公開のカルト映画をドラマ化したHBOオリジナルシリーズです。アサイヤス自らが監督、脚本を担当。キャリアにも恋愛にも幻滅したアメリカ人映画スターの女優ミラが、フランスのサイレント映画『レ・ヴァンピール 吸血ギャング団』のリメイク版で“イルマ・ヴェップ”を演じるためにフランスにやってくるところからストーリーは始まります。不気味な犯罪スリラーを背景に、ミラは自分自身と演じるキャラクターの区別が曖昧になっていき…。虚構と現実、芸術と人生の境界線がゆらぐ不思議な世界観に引き込まれる作品です。

ドラマ版では、主演のミラを、アカデミー賞受賞女優アリシア・ヴィキャンデル(『リリーのすべて』『トゥームレイダー ファースト・ミッション』)が演じ、ヴァンサン・マケーニュ、ジャンヌ・バリバール、ヴァンサン・ラコスト、パスカル・グレゴリーらフランス映画界の名優に加え、アドリア・アルホナ、ヴィヴィアン・ウーなど国際色豊かな俳優が集結しました。HBOが、米国気鋭の映画会社A24とタッグを組んだ本作には、『ユーフォリア/EUPHORIA』のクリエイター、サム・レビンソンも製作総指揮として名を連ねています。

今年のカンヌ国際映画祭に招待されワールドプレミアとなった本作を、批評家は「ゴージャスなカオス!」「リメイクを題材にした映画のリメイクというメタでへそ曲がりな作品ながら、映画作りについての愛情に満ち溢れている」(タイム誌)、「テレビドラマの枠を超え、オリジナル映画よりも、より大きく、シャープで、面白い」(フィナンシャルタイム誌)、「目まぐるしいほどに多彩な魅力にあふれている。オリジナルを観ていなくても楽しめる」(ロサンゼルス・タイムズ誌)と絶賛。辛口批評サイト「ロッテントマト」でも96%の満足度を叩き出しています。

東京国際映画祭でプレミア上映決定!

10月24日(月)より開催される第35回東京国際映画祭の「TIFFシリーズ」(TV放映、インターネット配信等を目的に製作されたシリーズものの秀作を日本国内での公開に先駆け上映する部門)にて、『イルマ・ヴェップ』が上映されることが決定しました。

【上映日程】

『イルマ・ヴェップ』<第1話-第4話>

10月26日(水)/ 13:30 open/13:50~17:29 @ヒューマントラストシネマ有楽町 SC1

『イルマ・ヴェップ』<第5-8話>

10月27日(木)/ 10:00 open/10:20~13:56 @ヒューマントラストシネマ有楽町 SC1

『イルマ・ヴェップ』<第1話-第4話>

10月30日(日)/ 10:00 open/10:30~14:09 @よみうりホール

『イルマ・ヴェップ』<第5話-8話>

10月31日(月)/ 10:10 open/10:40~14:16 @よみうりホール

『イルマ・ヴェップ』<第1話-第4話>

11月2日(水)/ 12:20 open/12:40~16:19 @シネスイッチ銀座SC2

『イルマ・ヴェップ』<第5話-8話>

11月2日(水)/ 17:00 open/17:20~20:56 @シネスイッチ銀座SC2

U-NEXTでは、本作の元となった映画『イルマ・ヴェップ』を配信予定のほか、『冷たい水』『カルロス』『アクトレス〜女たちの舞台〜』などのオリヴィエ・アサイヤス監督作品も見放題で配信中です。あわせてぜひお楽しみください。 

<作品概要> 

『イルマ・ヴェップ』(原題:Irma Vep)<全8話>

【配信開始日時】2022年11月3日(木・祝)0:00 全8話一挙配信予定

【配信形態】見放題

【スタッフ】

企画・監督・脚本・製作総指揮:

オリヴィエ・アサイヤス(『冬時間のパリ』『カルロス』『クリーン』)

 【キャスト】 

■アリシア・ヴィキャンデル(『リリーのすべて』『トゥームレイダー ファースト・ミッション』)

■ヴァンサン・マケーニュ(『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』『やさしい人』)

■アドリア・アルホナ(『モービウス』『パシフィック・リム:アップライジング』)

■バイロン・バワーズ(『KIMI/サイバー・トラップ』)

■ジャンヌ・バリバール(『COLD WAR あの歌、2つの心』『サガン -悲しみよ こんにちは-』)

■ヴァンサン・ラコスト(『今宵、212号室で』『アマンダと僕』)

■ノラ・アムザウィ(『冬時間のパリ』)

■イポリット・ジラルド(『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』『ユキとニナ』)

■デヴォン・ロス

■アレックス・デスカス(『リミッツ・オブ・コントロール』『不完全なふたり』)

■アントワーヌ・レナルツ(『冬時間のパリ』『BPM ビート・パー・ミニット』)

■シグリッド・ブアジズ(『冬時間のパリ』『パーソナル・ショッパー』)

■ラース・アイディンガー(『ペルシャン・レッスン 戦場の教室』『あるある画家の数奇な運命』)

■キャリー・ブラウンスタイン(『トランスペアレント』『キャロル』)

■トム・スターリッジ(『サンドマン』『オン・ザ・ロード』)

■ファラ・チェン(『シャン・チー/テン・リングスの伝説』『フレイザー家の秘密』)

■パスカル・グレゴリー(『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』『海辺のポーリーヌ』)

■ヴィヴィアン・ウー(『Away -遠く離れて-』『ラストエンペラー』)

© 2022 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.