U-NEXT、米SPE製作ドラマ『アレックス・ライダー(原題)』において日本のローンチパートナーに決定
2020/05/20
ニュースリリース

U-NEXT、米SPE製作ドラマ『アレックス・ライダー(原題)』において日本のローンチパートナーに決定

米ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが『アレックス・ライダー(原題)』を世界80カ国以上で展開すると発表したことを受けて、各国の名だたる動画配信サービスと並び、日本のローンチパートナーが「U-NEXT」に決定したことを発表いたします。

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(以下、SPE)より発表された『アレックス・ライダー』は、従来のメディア主導による制作方式ではなく、SPE初の単独製作となるTVドラマシリーズで、各国のローンチパートナーと組んで全世界で一斉展開される大規模プロジェクトです。

このたび、2020年夏より、SPEによって厳選された世界80カ国以上のローンチパートナーのもとで放送・配信されることが発表されました。イギリス(Amazon Prime)、スペイン(Movistar+)、ロシア(Kinopoisk)、中東・北アフリカ(Starzplay)、韓国(KT)、アメリカ(近日発表)、カナダ(近日発表)といった国々に並び、日本では動画配信サービス「U-NEXT」が日本初・独占配信いたします。

原作であるアンソニー・ホロヴィッツの小説「アレックス・ライダー」シリーズは、少年スパイの活躍と成長を描き、35カ国で翻訳、世界で2,000万部以上を売り上げた世界的ベストセラーです。日本では、日本語訳版のイラストを『ジョジョの奇妙な冒険』の漫画家・荒木飛呂彦氏が手掛けたことでも話題になりました。

今回の決定に際し、U-NEXT 代表取締役社長 堤天心と、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 代表取締役  滝山正夫氏は次のようにコメントしています。

■ U-NEXT 代表取締役社長 堤 天心:

『アレックス・ライダー』の日本ローンチパートナーとして、この素晴らしいコンテンツを日本の皆様へお届けできる運びとなり、非常に嬉しく思います。当社は昨年から独占作品の強化を掲げ、拡充を進めてまいりました。おかげさまで、お客様から好評の声を多数いただいております。今作を筆頭に、今後もU-NEXTならではの海外ドラマを積極的に独占配信していき、これまで以上にお楽しみいただけるラインアップの拡大を目指してまいります。どうぞご期待ください。

■ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 代表取締役  滝山 正夫氏:

年々需要が高まっている動画配信市場において、日本を代表する動画配信サービス「U-NEXT」を通じて、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの作品をお届けできることは大きな喜びです。今回の『アレックス・ライダー』のローンチにより信頼関係をさらに深め、我々が製作する様々なコンテンツをご覧いただく機会を増やしていけることを期待しています。

 

著者アンソニー・ホロヴィッツ自らが製作総指揮を務め、エミー賞を受賞したアンドレアス・プロハスカが監督、英国アカデミー賞受賞のガイ・バートが脚本を手掛けるなど豪華製作陣でおくる、新時代のスパイアクションの続報に、ぜひご期待ください。

<作品概要>

■『アレックス・ライダー(原題)』

アンソニー・ホロヴィッツが2000年に発表した世界的ベストセラー小説「アレックス・ライダー」シリーズの2作目「ポイントブランク」を原作とした本格サスペンス・アクション。叔父の死をきっかけに、特別なミッションのためMI6に採用された10代の少年スパイの活躍と成長を描いている。『名探偵ポワロ』など王道ミステリードラマの脚本も手掛け、原作者でもあるアンソニー・ホロヴィッツが製作総指揮を務め、2020年夏より世界80カ国以上で放送・配信予定。

原題:Alex Rider
製作国:イギリス
製作年:2020年
配信開始日:2020年夏 予定
配信情報:U-NEXT/見放題(日本初上陸・独占配信)全8話

[STAFF] 

製作総指揮:アンソニー・ホロヴィッツ ほか
監督:アンドレアス・プロハスカ ほか
脚本:ガイ・バート ほか

[CAST]

アレックス・ライダー:オット・ファラント
トム・ハリス:ブレノック・オコナー
ジャック・スターブライト:ロンケ・アデコルージョ ほか

© 2020 Sony Pictures Entertainment. All Rights Reserved.

※米ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントからの発表は こちら [https://www.sonypictures.com/corp/press.html]